終了しました  Duo brillantと石上洋子 【東京会場】

ご購入

一般or学生

一般 3,000円(内税)
学生 2,000円(内税)

このコンサートは終了しました

日程

2013年3月3日(日) 13:30開演
※30分前開場

料金

全席自由席
一般:3,000円(税込み)
学生:2,000円(税込み)

出演

佐藤多美子 / ヴァイオリン
福本とも子 / ヴィオラ
石上洋子 / ピアノ

プログラム

☆ ヘンデル =ハルボルセン / サラバンドと変奏( Violin & Viola )
☆ ミヨー / 組曲 Op.157 b( Violin & Viola & Piano )
☆ ヴュータン / デュオ ブリランテ Op.39 ( Violin & Viola & Piano )
☆ラウリセン / トリオ Op.6( Violin & Viola & Piano )

プロフィール

佐藤多美子/ヴァイオリン

幼児期より母に絶対音感早教育を受ける。その後3歳半よりヴァイオリンを習い始め、鷲見三郎氏に師事。11歳で全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社・NHK)ヴァイオリン部門小学生の部全国第1位。1964年〔常陸宮御成婚祝典N響特別演奏会〕にて岩城宏之氏指揮NHK交響楽団と協演。
桐朋学園音楽科附属〔子供のための音楽教室〕を首席で卒業後、桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を音楽賞を受賞して首席で卒業。ヴァイオリンを江藤俊哉氏に、室内楽とオーケストラを斎藤秀雄氏に師事。
第40回日本音楽コンクール(NHK・毎日新聞社共催)第2位入賞。文化放送音楽賞,海外派遣コンクール安宅賞受賞などの他、多数受賞。1972年、在学中より約3年間、新日本フィルハーモニー交響楽団の客員メンバーとなり国内外で演奏活動を行う。
1975年文化庁派遣による〔文化庁芸術家在外研修員〕として渡欧。オーストリア・ザルツブルクのモーツァルテウム国立音楽大学にてシャンドール・ヴェーク教授のマスタークラスにて研鑽を積む。ヨーロッパ在住中は広くヨーロッパ各地でソリストとして、またヴェーク教授率いる〔ザルツブルク・カメラータ・アカデミカ合奏団〕のメンバーとして演奏活動を行う。1980年スイス・ジュネーブ国際音楽コンクール入賞。
約6年間のヨーロッパ留学・音楽生活を終えての帰国後、再び新日本フィルに正団員として在籍し、国内外で演奏活動を行う。
新日本フィルを退団した後はフリーランス奏者として演奏活動、〔サイトウ・キネン・オーケストラ〕のメンバーとしてもヨーロッパ演奏旅行などに同行した。
現在までに内外において、ソロの演奏でのリサイタル開催,各地でのステージ演奏,NHK・FM放送やテレビ出演などの他、室内楽の演奏でのデュエット,トリオ,新日本フィルOB弦楽四重奏団第1ヴァイオリン奏者としてなどカルテットの演奏,また合奏団やオーケストラの演奏などで活躍。更に2006年からはモーツァルト・ヴィルトゥオーゾ祝祭管弦楽団のコンサート・ミストレスを務めて現在に至っている。また、同オーケストラのソリストとしても2008年,2010年に協奏曲を協演、大変好評を博した。
大きな演奏会からサロンコンサート,音楽鑑賞教室コンサート,イベントでの演奏,などに至るまで、あらゆる場所での数多くの演奏で活躍を展開している。一方、後進の指導にも長年にわたり熱心に携わっており、プライベートレッスンの他、2ヶ所の音楽施設(教室)で指導にあたっている。

福本とも子/ヴィオラ

東京藝術大学附属音楽高等学校を経て同大学音楽学部卒業。
'80年から1年間、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学。
ヴァイオリンを東儀祐二氏、岩崎洋三氏に、ヴィオラを浅妻文樹氏、Dr.ハインツ・クラッシュル氏に師事。
東京都交響楽団に12年間在籍。
東京メトロポリタン・アンサンブル、東京ヴィヴァルディ合奏団、アンサンブル de 横浜のメンバーを歴任。
ヴァイオリンとのデュオや弦楽四重奏など、室内楽コンサートを活発に行う。
'82年には日本音楽家ユニオンと豪日交流基金による音楽交流で、シドニー交響楽団で3ヶ月間、交換楽員として演奏。
外務省・国際交流基金による専門家派遣で、'92年にはブラジル、アルゼンチン、パナマ、ドミニカで室内楽コンサートと、各地の音楽大学、音楽院でワークショップを開催。
'99年にはパナマ大学芸術学部で、8週間、ヴィオラと室内楽の集中講座を行なう。
これまでに海外の多くの都市でソロや室内楽を演奏。
リサイタルを東京で10回開催の他、協奏曲のソリストやピアノとのデュオ、室内楽のコンサート、テレビ、FM放送、スタジオレコーディング、映画や演劇の劇伴など、多彩なジャンルの演奏活動を続けている。
上野学園大学音楽学部で非常勤講師として'07年まで20年間勤務。
沖縄県立藝術大学の非常勤講師も長く勤めている。ヴィオラ・レパートリー《ポピュラー&クラシック名曲集》を監修(ヤマハ ミュージックメディア出版)

使用Viola J.F.Pressenda 1836年製作
弓  植木 繁 製作

石上洋子/ピアノ

桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。三浦捷子氏,三浦浩氏に師事。東京でリサイタルおよびジョイントリサイタルを開く。その後、パウロニアのメンバーとしてアンサンブルの活躍を始め、二台ピアノのシリーズとして東京,栃木,山梨,岩手,山形などでコンサートを開く。また、オーケストラともチャイコフスキーのピアノ協奏曲,ガーシュインのラプソディー・イン・ブルー,プーランクの二台のピアノのための協奏曲などで協演している。
室内楽,声楽,オーケストラなどの共演者としては数多くのコンサートに出演し、NHK・FMリサイタルなど放送出演やCDのリリースなど、幅広く演奏活動を行っていて各地でのコンサートが予定されている。

カートを見る

CATEGORY カテゴリ

ワインのご購入

◇飲酒は20歳になってから◇未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

LINKS 関連リンク

K音楽コンクール Kマネジメント

ホールご利用の方へ